景品が持つ宣伝効果

気が利く幹事になるための方法

今年幹事になっている人にとって、忘年会の二次会に用意する景品を気が利くものにさせることが大切です。予算の中から知恵を絞って、参加者を驚かせる景品を選ぶことが大事になり、空気を読んだ対応が幹事の質を高めます。参加者がもらって本当にうれしいものを用意することで、二次会が大いに盛り上がる要素が増えていきます。イベント用にあらかじめ用意されたものにおいては、企業の販売促進におけるノベルティの可能性が高いです。
年に一度開催するほどの大きなイベントであれば、景品は豪華にしていくことが理想です。思い出に残る機会にするために、抜群のお土産を用意することが大切です。実用性があって持ち続けたいものとしては、予算で選べるカタログギフトが最適です。老若男女全てに収まる景品を手にしたいなら、とにかくシンプルな商品を中心に選択することが大事です。
参加者多数の二次会であれば余裕を持った景品を用意していくことが大切となり、バラマキのものまで確認する方向性が重要です。楽しみながらオマケがつくといった緩い感覚で会を進めていけば、仲間と共有した時間が良い思い出となります。また競うゲームにおいては、一等を豪華な家電にすることで、最高潮の盛り上がりを演出することができます。

場が盛り上がる景品とは

ビンゴ大会や会社の催し物で景品を出したりしますがティッシュや石鹸では今一盛り上がりに欠けます。ではどのような景品が人気となるのでしょうか。まず費用はかさみますが国内や海外の旅行があります。これを景品にするとまず盛り上がりますし本気になる人も出てきます。また扱いやすい商品券等も良く、様々な店での買い物に使えるので喜ばれる事でしょう。費用を抑えて景品を出したい場合には人気の物やキャラクター、流行り物にあやかる手もあります。子供を対象とした景品の場合は人気キャラクターをモチーフにしたアイテムやぬいぐるみ、お菓子等が良く認知度の高いほど盛り上がります。大人を対象にした景品の場合でも人気のお笑い芸人の衣装やグッツ、テレビで話題の商品等を出せば喜ばれるはずです。食べ物を景品にする場合は量を増やして豪華にする事もできます。地元のお米一袋よりお米一年分の方がインパクトがありますしビール等お酒もケースにして多くすると喜ばれます。お米ならお米を取り扱っている会社が、お酒なら酒造会社が出しやすい景品でもあります。地域に纏わる景品を宣伝する為に出すのも良く様々な人に知ってもらう切っ掛けになるので試してみてはいかがでしょうか。