ビンゴ大会の景品

景品はカテゴリーのバランスを考える

イベント事には景品が付き物ですよね。これからの季節はそういったことも増えてくる時期なので景品選びにも苦労することもあるかと思います。まず景品を選ぶにあたって初めに景品全体の予算を決める必要があります。そしてどのようなイベントで利用する景品なのか、そのイベントに参加する年代と人数をしっかりと把握しておくとスムーズに準備することが出来ます。例えば、忘年会で利用する景品と結婚式の二次会で利用する景品では多少の違いはあることでしょう。参加する年代に関しても子供と大人、男性と女性、もしくは全て混合なのかによって景品は変わりますよね。大人数が参加するイベントで景品の数が少なければ参加者の楽しみも半減してしまいます。イベントを盛り上げるためにはこれらがとても大切ですね。また実際に景品を選んでいく際には目玉となる景品とそうではない景品の差をつけていくのもポイントです。全て同じような景品であればイベント参加者も飽きてきてしまうでしょう。たくさんのカテゴリーの景品を用意できるとバランスも取れて良いですね。イベントによっては貰って嬉しい景品だけ揃えるのではなく、笑える景品を織り混ぜてみるのも楽しいかと思います。

喜ばれる景品を用意するための方法

二次会や打ち上げなどのビンゴ大会は、場が盛り上がります。それはビンゴ大会に参加することで、景品がもらえるからです。主催する側はこの景品を用意しないといけないですが、できるだけ魅力的な景品を用意しないと場がしらけてしまいかねません。ただ、高額な景品を用意しようとすれば経費がかさんでしまいますので、できるだけリーズナブルでなおかつ参加者に喜ばれるような景品を用意するのが理想的です。
景品の用意をするのに利用したいのは、ネット通販のセール品です。ネット通販ではときどき商品をありえないぐらい安い価格で売り出していることがあります。半額、あるいはそれ以下で買えることもありますので、ネット通販のセール品を景品として用意するのはリーズナブルでありながら喜ばれやすいです。
また、オリジナリティにこだわった景品も、参加者にスペシャル感を抱かせられます。オリジナルのグッズだったり雑貨なら、もらって意味があります。どこにでもあるような景品というわけではなければ価値がありますし、景品として用意するには最適です。景品を用意する主催者側からすれば景品選びは大変かもしれませんが、上手くいけば参加者に楽しんでもらえます。ですから、ネットを上手く活用して、喜ばれるような景品を用意することがポイントです。